投手練習 クイックモーションをマスターして盗塁を阻止する

捕手経験者から言わせていただくと、クイックが出来る投手とクイックが出来ない投手では、盗塁の阻止率が大きく違うと実感してます。もちろん捕手の送球力も重要ですが、盗塁阻止は「バッテリーの共同作業」と考える筆者としては、やはりクイックモーションは身に付けて欲しいと思います。

 

「クイックモーションだと球威が落ちるからやりたくない」
という投手もたまにいますが、その通りの話しであり、通常の投球フォームと比べると球威は落ちます。なので、筆者的には、クイックモーションで重要なことは「コントロールが乱れないようにすること」だと感じてます。

クイックなので速く投げれるようにすることは当然ですが、速く投げることばかり意識して、下半身が安定せず、頭の位置が大きくズレてしまったりして、コントロールが乱れてしまっては、もったいないです。甘いコースに行ってしまうと、球威が落ちている分、打たれる可能性は高いです。

要求レベルは高いですが、速く投げることを前提にした上で、コースに投げ分け出来ると良いです。ボールが甘くなるぐらいであれば、外のコースに外してボールになった方が安全です。

動画では、クイックモーションのコツを伝えてます。

 

・頭を残し、そのまま腰から倒れるようにする
・頭の位置は後ろにそらさないように注意

 

という2つのポイントを伝えてます。コントロールが乱れないためにも、頭をズラさずに投げることが重要ですし、頭をズラす、という余計な動きを入れずに速く投げることも大切です。

もう一つ筆者が付け加えるのであれば、

 

・ホーム側に少し体重を乗せつつ、前足で地面を蹴るように足を内側に入れながら上げる

 

というアクションもクイックのコツです。
体重はホーム側、前足の動きはセカンドベース側、と相反する動きをしますが、気持ちホーム側の方が比重が大きいイメージで投球すると、下半身が安定しやすく、かつ体重が乗ったボールを投げることができます。

何度もお伝えしますが、盗塁阻止はバッテリーの共同作業です。決して捕手出身の筆者が捕手を擁護している訳ではないです。自分が楽になるためにも、クイックモーションはマスターしましょう。

では動画を参考ください。

 

 

 

 

 

動画引用元:【ピッチング上達法】 クイック 練習法