打撃練習 押し手片手ティー ボールの押し込みを覚える

片手でのティーバッティングは通常、右打者なら左手、左打者なら右手、という引き手側で行いますが、ボールを押し込む感覚を養うために、押し手側で片手ティーバッティングを行う練習を紹介します。

この練習のポイントは、

・打球を上げる感覚で行うこと
・身体の近くでスイングする意識

の2つです。

打球を上げる感覚は、もっと言うならば、ボールの下の方でインパクトしてボールを押し込み、ボールにバックスピンをかけるように打つ、ことを意識しながら行うと良いでしょう。ボールの上っ面を叩いてしまってはボールを押し込む感覚が全く無く、打者とネットの前でバウンドするだけです。ボールの下を押し込むようにくぐらせ、スピン回転を追求すると良いでしょう。

なので、動画のようにネットから距離を取った上で打つと、弾道や軌道が見やすくなるので、オススメです。ネットから距離を取り、押し手だけでバットを握り、ボールの下目を狙い、ボールを押し込み、バックスピンの(綺麗な)回転で打つことを心がけましょう。

身体の近くでスイングする意識は、片手でスイングする場合、バットが重かったりするため身体の近くでスイングできず、脇が空いてしまう選手がいます。脇が空いてしまうとインパクトの瞬間、ボールの勢いに負けてしまうため、強い打球を打つことが難しくなります。ボールを押し込む前に当たり負けする感覚です。なので、押し手の腕の形をL字に近い角度にして、腕と身体の距離が近い位置で保ちつつ、スイングすると良いでしょう。押し手の使い方が上手くなり、ボールを力強く押し込みやすくなると思います。

ボールの勢いに負けず、強い打球を打ちたいならば、押し手の使い方が非常に重要になりますので、ぜひ練習してみてください。

 

Yahoo!ショッピング
購入金額の1%分スポルアップポイント貯まる

スポーツ用品を買うならYahoo!ショッピングがお得
 

 

 

動画引用元:【桐蔭学園】片手で打つティー打撃バッティング