投球練習 常識を疑え! 桑田真澄が教える全身を使った投球フォームのコツ

今回は、球界きってのレジェンド・桑田真澄さんが教える「コントロールや球威が上がる、全身を使った投球フォームの習得法」についてご紹介します。
特にストレートがシュート回転してしまう方や、制球力に自信がない方に是非取り入れて頂きたいです。
一般論では「 指先の感覚を養うことでコントロールを保つ」ことが大事と言われますが、桑田さんは「指先も筋肉の一つに過ぎず、制球力は体全体を使うことが大切である」と選手に指導をしています。
そこで、全身を使ってコントロールを養うにはどのようにすれば良いのか。
2つ練習方法ポイントをご紹介します。

 

 

 

樽を抱えて全身を使って投げるイメージ

【やり方】
動画内では実際に水の入った、たらいを持ってイメージし、たらいの中の重い水を一度こぼして軽くし、体重移動して投げる(右投手なら右肩が一度下がる状態

 

 

【ポイント】
上記の練習は、一度利き手側の肩を下げることで頭が残りお尻が出るため、体重移動しやすく、全身を使った投げ方が可能になります。
利き手側の肩が下がらないと体が横回転するため、ボールがシュート回転しやすくなる。
肩を一度下げることで球威制球力が上がるメリットが得られます。

 

 

 

投手は3つの目を持つことが大切

【やり方】
目のイラストを利き手の逆の肩甲骨に貼り投球する

 

 

【ポイント】
投げ始めから投げ終わるまでミットを見続けろ」と指導されてきた方も多いと思います。
しかし、終始キャッチャーを見ていると顔が前に出てしまい、バッターからすぐにボールが見えてしまうため、キャッチャーから「一度目を切って」投球します。
このことでボールの出所が見えにくく、バッターにとって打ちづらいフォームへと変わります。

 

 

筆者のチームのピッチャーにこの投げ方を伝えたところ、ストレートがシュート回転してしまう投手が、縦回転重い球を投げられるようになりました。
また、筆者自身も取り入れてみて、球の伸びコントロールが以前より良くなりました。
個人的な意見ですが、全身でコントロールを掴む為、体重移動の感覚が少しでも違うと投球が乱れたり、逆に上手くいけばしっかり投げられるというような感覚のズレが分かりやすいと思います。
そして,コントロールを修正しやすくなると思いました。

 

 

桑田選手もおっしゃっていますが、選手の方々には「常識を疑う」という視点を持っていただきたいと思います。
様々な情報が手に入る今、正解不正解は自分で決める必要があります。
仮説検証繰り返しが大事だと私も思います。
きれいなフォームがゴールではなく、「相手が打ちにくいボールを投げる」ということを目指したいですね。

 

それでは動画をご覧ください。



動画引用元:【投球】正しい投球フォームを身につける練習法