投球練習 「伸びのある速球」を投げるための練習方法

今回ご紹介する動画は、投手向け「伸びのある速球を投げるための腕の振る距離と速さ」についてです。
伸びる速球は、バッターも打ちづらく投手有利な試合展開に繋げやすいです。
日頃の練習から取り入れることにおすすめの練習法を見て行きましょう。

 

 

この練習で大切なポイントは、「肩甲骨」です。
右利きの場合は、右の肩甲骨を背骨側に寄せてから投球することで、腕の加速距離が伸びます。
そして、腕を振るスピードも上がることにも繋がります。
腕の加速距離を伸ばし、腕を振るスピードを上げることが「伸びる速球」を投げるためのキーワードです。
それでは、腕の加速距離を伸ばし、腕を振るスピードを上げるための練習方法を見て行きましょう。

 

 

 

「正面スローイング」のポイント

 

  • 足は「肩幅」程度に開く
  • 肩甲骨の「寄せる」「離す」の動作を意識
  • もしくは投球方向に向ける
  • 投げ手側の肩甲骨をしっかり背骨側に引く

 

 

この練習は、肩甲骨の動きを意識するための練習なので、なるべく下半身の動きを使わずに「肩甲骨の入れ替え」で投げるように注意しましょう。

 

 

 

「弓矢ドリル」のポイント

 

  • 足は肩幅より広めに開く
  • グローブ側の肩甲骨を背骨から離す
  • もしくは越しに投球方向を見る
  • 弓矢引くように投げ手をもっていく

 

 

上記2つの練習方法は、キャッチボールから取り入ることができるメニューです。
キャッチボールの段階で肩甲骨を意識することは重要であると思います。
「伸びのある速球」が持ち味の投手を目指したいですね。

 

それでは動画をご覧ください。



動画引用元:144km超えのプロコーチ直伝!ノビのあるストレートの投げ方2選