投手練習 球速アップ 下半身を徹底的に強化

やはり良い投手の条件としてまず挙げられるのは「球速」ですね。MAX○○○キロなど、球速で投手を計ることが多く、今の基準で言えばMAX150キロ以上になると、高校屈指・大学屈指の速球派投手、と称賛されます。良い投手の条件は球速だけではないと思いますが、やはり速いボールを投げられるのは、大きな武器になることは間違いないです。

筆者は、最近は様々なプロ野球選手とお会いする機会が多く、筆者の興味は「どんな練習をしていたのか」です。小学校の時、中学校の時、高校の時にどんな練習をして、プロの世界に行けたのか、そんな話しをすることが多いです。

そして投手の方に質問するのが、

 

球速アップのためにどんな練習をしましたか?

 

という質問です。やっぱり気になります。プロ投手の球はものすごく速いので、そこまで行き着くまでにどんな練習、どんな努力をしたのか。

気になる回答ですが、共通して出てきた練習が、

 

下半身を徹底的に強化した

 

です。もちろん下半身強化以外にも色んな練習法を聞きましたが、下半身強化以外はバラバラの回答でした。自分で課題を見つけ、その課題を克服するための練習法という感じなので、色んな練習が出てきました。しかし、ほとんどの方が口を揃えたように言っていたのが、下半身強化です。球速アップには下半身強化が不可欠なようです。

そして昨日、このような記事を見つけました。

 

「高校に入る前は128キロぐらい。(大阪桐蔭・西谷浩一)監督にはとにかく下半身を徹底的に鍛えられました。それでピッチングをしたら、『オレ、こんな速かったっけ』みたいな感じで、140キロぐらい出るようになっていたんです。下半身をやっておけば間違いないです」

記事引用元:ドラフト1位の残像。一軍登板ゼロの辻内崇伸が、クビを覚悟したとき

 

元巨人の辻内さんの記事です。記事を読む限り、辻内さんはエリートコースで大阪桐蔭に入った訳ではなく、言ってしまえば一番下から這い上がって、左投手で150キロ以上のスピードボールを投げてエースの座を奪い取ったのです。その原動力になった練習が下半身強化のようです。やはり投手は下半身ですね。投手に限った話しではないとも思います。

動画は、中央学院の投手陣が下半身を徹底的に強化している動画です。このように、様々なところから下半身を強化するための練習方法を学び、ぜひ球速アップにつなげてほしいです。



動画引用元:【中央学院】投手のトレーニング