打撃練習 アウトコースの打ち方 ポイントはお尻にあり

アウトコースに対して、強い打球で打ち返すのは至難の技です。とても難しいと思います。しかし、バッテリーとしては、状況がピンチになればなるほど、安全と言えるアウトコースを攻めますし、上位打線を打っている選手であれば、アウトコース中心のリードをされるでしょう。アウトコースを打ち損じることなく、強い打球で跳ね返すテクニックがあると、打者としてとても優位に立つことができます。

今回紹介する動画では、アウトコースが苦手な選手に対して、確認して欲しいポイントを伝えてます。

チェックするポイントは、右打者であれば左側のお尻、左打者であれば右側のお尻。アウトコースを打ちに行って、インパクト時に、

 

・お尻がバットから離れてしまっている
・(右打者の場合)左側のお尻が早い段階でキャッチャー方向に向いてしまう

 

という2つが該当している場合は、改善する練習が必要です。この2つになっている限り、アウトコースのボールに対して、強く打ち返すことは難しいです。ボールの勢いに負けてしまう可能性が非常に高くなります。

しっかりとお尻が「入っている」状態でインパクト出来るように、素振りやティーバッティングを行うと良いでしょう。

筆者のオススメの練習方法は、正面から緩いボールでアウトコースを投げてもらい、打者は引き付けるだけ引き付けてスイングすることを心がけます。お尻が離れたり、早くキャッチャーの方向へ向いてしまうのは、基本はボールの引き付けが甘く、早く打ちに行っていることが原因です。

スイングとしては、真ん中のボールを打ちに行く気持ちで良いですし、引き付け過ぎてファールになっても構いません。アウトコースが来たからといって極端にスイング軌道を変える必要もないので、とにかく引き付けて自分のスイングをしっかり行うことを、緩いボールで行ってみてください。

では、動画を参考にしてみてください。

 

Yahoo!ショッピング
購入金額の1%分スポルアップポイント貯まる

スポーツ用品を買うならYahoo!ショッピングがお得

 

 

 

動画引用元:アウトコースが苦手なあなたに確認していただきたいポイント