打撃練習 大島洋平 動きをスローにしてスイング軌道を確かめる

今回紹介する動画は、中日ドラゴンズの大島洋平選手がティーバッティングをしている動画です。

大島選手は走攻守そろった、ドラゴンズには欠かせない選手の一人です。打撃に関しては、2017年シーズンは.313という成績で、球界トップクラスのヒットメーカーです。

そんな大島選手のティーバッティングですが、普通のティーバッティングシーンを見てみると、さすがの一言です。スイングスピードがむちゃくちゃ速いです。そしてスイングスピード速いうえに、身体が全く開いていない、こともすごいです。バットのボールの乗せて打つのではなく、ボールを弾くように打つ選手からすると理想的な打ち方だと思います。

そして、この動画を見ると分かりますが、大島選手が2回ほど、スイングをわざとゆっくりにして、スイングする軌道を確かめているシーンがあります。トップの位置からインパクトまでのスイング軌道をしっかりと確かめています。

筆者の想像ですが、レベルスイングへ早く持ってきて、ボールと同じ軌道でバットを出したい、という思いがこもったスイングに見えます。

自分が思い描く理想的なスイング軌道は誰しも持っていると思います。でも普通にスイングをしていては、よく分からない、というのが正直な気持ちだと思います。なので、自分の理想の軌道を確かめるために、筆者も時々やりますが、このように動きをスローにして、じっくりしっかりと確かめることを行います。

スローで行うと、
「もっとヘッドは落ちてていいんだな」
「右手の角度はここなんだな」
と、普段では感じにくいことも感じるようになり、感覚で覚えやすくなります。オススメの練習ですので、ぜひやってみてください。

では動画をご覧ください。



動画引用元:大島洋平(中日)「練習で理想のスイング軌道をスローで確認」