投球練習 則本昂大 肩甲骨剥がれ投法

今回紹介する動画は「則本投手の肩甲骨剥がれ投法」という名の動画を紹介します。

動画の冒頭に、

 

スリークオーターのリリースの直前に投げ腕肩甲骨が肋骨から剥がれるイメージで投げる。投げ腕の遠心力を阻害しないようにリリースの瞬間に首を傾ける

 

というテキスト説明が入ります。
筆者的にこの説明を解釈するならば、要は「肩甲骨の可動域を目一杯使うように腕を振る」と、簡単ですが解釈してます。

確かに則本投手のフォームはダイナミックですし、リリースの際に少しだけ首を左に傾けます。肩甲骨に十分な柔軟性があり、かつ肩甲骨の可動域を目一杯使った投げ方であることは間違いないです。

動画を見てみると、確かに則本投手の投球フォームに似ており、特に上半身の使い方が上手いと感じます。

結局のところ、肩甲骨・股関節のこの2つの部位の柔軟性はかなり大事だと、この動画を見て更に思いました。では動画を参考にしてください。

 

 

 

 

動画引用元:楽天 則本投手の肩甲骨剥がれ投法

 

動画引用元:[ニュース]#14則本ブルペン投球_20140211

 

スポルアップ主催 第1弾セミナー開催