打撃練習 西川遥輝 下手投げのゆっくりのボールをフルスイング

今回紹介する動画は北海道日本ハムファイターズの1番バッター「西川遥輝」選手のバッティング練習になります。自主トレの風景になりますので貴重な動画ですね。

打撃練習となると、様々な練習法があると思いますが、西川選手が行っている練習は、正面から下手投げでゆっくりとしたボールを投げてもらい、そのボールをフルスイングで打ち返す練習になります。

西川選手を見ているとフルスイングをしてますが、引っ張ることなく逆方向への強い当たりを狙っているように思えます。また低い弾道(ライナー性)を狙っているようにも見えます。この練習のポイントは、緩い球に対して、身体が開くことなく、そして上体が突っ込むことなく、強い打球をいかに打つか、というのがポイントになると思います。

 

プロ選手であれば、140kmや150kmがどんどん投げ込まれるので、球速の速いボールを打ち返してスピードに慣れさせている練習を多くやってそうですが、実は、このような緩い球を身体を開くことなく強く打ち返す練習を頻繁にやっているように思えます。

基本を忠実に何度も何度もやり続けるのもプロ意識の高さではないでしょうか。

動画の最後には、通常のフリーバッティング練習も行ってます。ここまでフルスイングしている西川選手を見るのは珍しい??と思いますので、ぜひ動画を参考にしてみてください。

 

 

 

 

動画引用元:西川遥輝の自主トレ打撃練習風景です!