守備練習 根尾昂 意識の高いキャッチボールを毎日積み重ねる

今回紹介する動画は、大阪桐蔭の3刀流選手である「根尾昂」選手のキャッチボールを紹介します。

キャッチボールというと、肩慣らし、ウォーミングアップというイメージが強いですが、さすがドラフト1位候補のキャッチボールは全然違います。常に何かを意識し、常に何かの課題に取り組んでキャッチボールをしているように思えます。

 

動画を見てお分かりになる通り、背番号6が根尾選手ですが、キャッチしてからボールを握るまでが常に速いです。捕ってすぐボールを握る、ということを常に意識したキャッチボールに見えます。

みなさんのチームはいかがでしょうか?

・ダラダラやっている
・ボールをキャッチしてからスローイングまで時間がかかる

など、何かを意識したキャッチボールをやっていますでしょうか。

キャッチボールは練習でも試合でも確実行う練習の一つです。
意識の高いキャッチボールを毎日積み重ねることが、根尾選手のような素晴らしい選手を築き上げる最短距離なのかもしれないですね。

根尾選手のスローイングも意識高いです。後ろを向いた状態で、一度しゃがみこんでから、身体を反転させてスローイングする、ということをキャッチボールで行っております。初めて見るスタイルのキャッチボールですが、根尾選手的に意味のあることとして実践しているのでしょう。

参考にしてみてください。
では、動画をご覧ください。



動画引用元:根尾 昂 一瞬の隙もないキャッチボール!

スポルアップ主催 第1弾セミナー開催