捕手守備練習 森友哉 超至近距離ノックで技術が向上するコツ

今回ご紹介する動画は、 捕手トレーニングについてです。
捕手は送球だけでなく、ストライクに見せる捕球や、ショートバウンド処理、捕球後の素早い反応等、様々なスキルが求められます。
そこで、今回は一気にキャッチングショートバウンドストップ反応速度足腰のトレーニング効果を得られる練習をご紹介します。

 

 

 

超至近距離ノック

【やり方】
防具を全て身につけ、ホームからピッチャー程の至近距離からノックを打ってもらう

 

 

【ルール①】
ストライクゾーンはしっかりとキャッチング

 

【ポイント】
ワンバウンドでもフレーミングをしっかり意識してキャッチングする
※フレーミングとは、ストライクゾーンに投球されたボールを確実ストライク判定にする、またボールゾーンに投球されたボールをストライク判定に変えるといった捕手のキャッチング技術のことを言います。

 

 

【ルール②】
ショートバウンドブロッキング

 

【ポイント】
遠く弾いた場合、素早く立って捕球し送球動作まで行う
※ブロッキングについては、福岡ソフトバンクホークス甲斐拓也選手が参考になると思います。
こちらも記事でご紹介しておりますので、おすすめです。
捕手練習 甲斐拓也 後ろにそらさないだけではない ボールを真下に落とすブロッキングのコツ

 

 

【ルール③】
ボールゾーンは素早く反応し、送球動作まで行う

 

【ポイント】
下半身が追い付かない場所はグローブで捕球しに行く

 

 

この練習メニューは防具をしている為、恐怖心の克服が可能になります。
また、反応スピードを上げたり、股関節のトレーニング効果も得られます。
試合中は、ベース前のショーバンなど予想していない様々な投球が来ることがあると思います。
どんな投球にも素早く反応し、対応することで、ランナーに守備からプレッシャーを与えられるよう練習していきましょう。

 

それでは動画をご覧ください。



動画引用元:【西武の冬練】森友哉捕手を育てた至近距離ノック!反応速度の限界…

【参考URL】
ストライクを生む魔法「フレーミング」捕手の評価として設定する球団も

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。