打撃練習 森友哉 逆手握りでもしっかりと振り切るティーバッティング

今回紹介する動画は、埼玉西武ライオンズの森友哉選手ティーバッティング練習のシーンになります。森選手と言えば、小柄な体型ではありますが、うねり打法で下半身からねじり込むような動きで、理想的な身体の使い方をして、フォロースルーが大きく豪快なスイングを見せてくれます。そして、しっかりとバットの芯に当てるミート力もある、若手バッターではかなり期待されている選手です。

動画を見てみると、逆手(左打者の場合は右手が上)でティーバッティングをしています。逆手でのスイングの利点は「身体の開きを防ぐ」というところにありますので、身体の開きが気になる時に行う練習になります。

逆手スイングをやったことのある方なら分かるかと思いますが、逆手でバットを握ってフォロースルーを大きく最後までしっかりと行うことって、実は難しいのです。身体を開かない練習になるので、基本は前の肩が開かずにコンパクトなスイングになります。

でも森選手は違います。

逆手握りでも、いつもの森選手のフォロースルーをやっています。このスイングは、下半身の使い方、身体全体を使う意識、筋肉の柔らかさ、が揃っていないと出来ない芸当です。

身体は開かない、でもバットをしっかり振り切る。

すごく当たり前のことですが、なんともコレが非常に難しいスキルですが、森選手は身体を開かずにバットを振り切ることを常に意識しているのでは、と思わせる練習動画です。

逆手ティーバッティングが終わったら、身体が開かない感覚を忘れないうちに、普通のティーバッティングを行うと良いでしょう。

では動画をご覧ください。



動画引用元:森友哉選手の打撃練習!下から打ち上げるTeeバッティング