打撃練習 宮﨑敏郎 軸が全くブレないスイングから学ぶ

今回は、2017年セ・リーグの首位打者を獲得して大ブレイクした横浜DeNAベイスターズの宮﨑敏郎選手のバッティングフォームから、打撃の際の軸の作り方を学びます。

宮崎選手というと、その独特なバッティングフォームが目に付きます。と同時に、動画の中でも言及されているように、スイングの際全くブレることのない軸が注目されました。リーグトップの打率を叩き出すほどの安定した軸を生む秘訣は、独特なフォームのどこに隠されているのでしょうか。

その答えは、上下に大きくバットを回す構えでもなく、相手の投球動作中に一瞬静止することでもなく、足を上げる前の左足の位置にあると考えます。

 

動画の一番始めに映っているように、宮崎選手は左足を右足の後ろに置いて構えています。つまり通常足を開くことで生まれるスタンスが、ゼロなのです。野球の常識に反するようなこの構えですが、実は体勢を安定させやすく、軸がブレにくくなるのです。

試しに、足を肩幅に開いた状態で、正面を見ながら片足を上げてみてください。頭が残った足の方に動き、景色がブレるのがわかると思います。次に、足を縦に並べ、平均台に立っているような状態から、後ろの足を上げてみましょう。先ほどに比べ体の動きが少なく、視界もほとんどブレないことが実感できると思います。

今、最初に行ったのが普通のスタンス、後に行ったのが宮崎選手のスタンスでの動作に当てはまります。足を広く開いているとどうしても視界にブレが発生してしまう一方、スタンスを極限まで狭めることで最初から一本の軸ができ、足を上げても安定していられるのです。

だからといって、ゼロスタンスのフォームに変えることが必ずしも良いとは限りません。適度な体重移動がしにくくなったり、より強い体幹が必要になったりと、普通のフォームより難しい打ち方であることは確かでしょう。肩幅に開く、という常識が間違っているわけではないのです。しかし、ゼロスタンスは一つの効果的な打撃フォームとして提案することができます。軸がブレてしまうときの矯正用、トスバッティングの際の打ち方の一種などとして取り入れてみてはどうでしょうか。自分に合っていると感じ、使いこなすことができれば、実戦的なフォームとして応用することもできるかもしれません。

 

 

 

 

 

動画引用元:【小久保裕紀が解説】DeNA宮崎敏郎のバッティングフォームの凄さとは? www

記事筆者:澤田 舜樹