守備練習 宮﨑敏郎 プレジャンプで速い打球にも反応する

今回紹介する動画は、横浜DeNAベイスターズの宮﨑敏郎選手の三塁守備の練習シーンになります。

打撃で注目される宮﨑選手ですが、ファースト、セカンド、サードの3つの内野をこなせるマルチな選手で、守備においても器用な選手な印象があります。2018年のシーズンにおいては、三塁手としてセ・リーグで最も出場して、三塁手のイメージがすっかり定着しました。

三塁手は、速い打球が飛んでくる機会が多いポジションですので、速い打球をしっかりと捕球できる体勢を常に整えておく必要があります。つまり、打球反応が良くないと三塁手として守るのは難しくなります。

 

打球反応を良くするためには「動き出しの準備」が必要となりますが、その準備こそ【プレジャンプ】となります。

プレジャンプとは、動き出す前にその場で小さなジャンプを行うアクションのことです。プレジャンプが無いと「静→動」となるので、スムーズな動き出しになりにくいです。

動画を見ると分かりますが、宮﨑選手は常にプレジャンプを行ってから、打球を追いかけています。プレジャンプのおかげで、動き出しはスムーズですし、硬い動きにはならず、柔らかくてしなやかな動きをしていることが分かります。

今回は三塁手をピックアップして紹介しておりますが、このプレジャンプは野手全選手行うことをオススメします。1球1球集中して、常に動き出しを良くするイメージを持っていると良いでしょう。

同じような記事を以前書きました。
守備練習 今宮健太 プレジャンプを使って第一歩目をスムーズに動き出す
こちらも是非ご覧ください。

では動画をご覧ください。



動画引用元:セ・リーグNo.1三塁手!横浜DeNA宮崎選手の守備練習!