打撃練習 ミート力強化 スピードシャトルでより質の高いバッティング練習を実現

前人未到の3回目のトリプルスリーを達成しつつある東京ヤクルトスワローズの山田哲人選手が、少年野球時代にやっていた練習がバトミントンのシャトルを打つ練習でした。

 

努力も見逃せない。小5から父と自宅マンションの駐車場で行う特訓が日課に。野球経験のなかった知規さんはバドミントンのシャトルを使った練習法を考案。「変化に対応する練習で横や後ろからトスをしていました。シャトルはきれいに当たらないと飛ばない」と理由を明かした。

引用元:山田哲人の知られざる少年時代

 

この記事でも紹介している通り、シャトルをしっかりと飛ばすためには、シャトルの芯をとらえたバッティングをしなければいけないです。山田選手がホームランバッターの割には身体が小さいですが、それでもホームランを打てるのは、様々な理由があるかもしれませんが、一つはしっかりとボールの芯とバットの芯を当てる技術力の高さ、ではないでしょうか。更に山田選手はこの高等技術をフルスイングで行うから別格なのです。

シャトルでのバッティング練習を行う利点は様々ありますが、ここで伝えたいのは「ミート力強化」です。最近はバット自体の質が高くなり、芯を外しても結構飛んでくれるバットがありますが、やはりバッティングの原点は、しっかりと芯をとらえることです。

今回紹介する動画は、バトミントンのシャトルではなく、完全に野球用に設計されたスピードシャトルの紹介。実際に投げているシーンがありますが、すごくスピード感があり、さらにミートするには難しく感じます。

なので尚更、質の高いバッティング練習につながるのでしょう。

芯を外してしまう、なかなか芯に当たらない、空振りが多い、ボールを見ない。
このような改善点があるバッターはとてもオススメの練習方法だと思いますので、ぜひ試してください。

では、動画をご覧ください。



動画引用元:【野球】シャトル打ちトレに最適!省スペースでバッティング練習!【毎週必ずプレゼント】

スポルアップ主催 第1弾セミナー開催