基礎練習 キャッチボールは遊び心が大切!? 前田健太投手オススメのキャッチボールとは

今回ご紹介する動画は、「前田健太投手流キャッチボール」についてです。
緊急事態宣言が解除されましたが、まだまだ活動に制限がかかる期間ですね。
三密を避けるため、選手をいくつかのグループに分けて別の時間や場所で練習するなど、まだ思うように活動ができない人も多いと思います。
そこで今回は、活動制限がされている今こそ、キャッチボールという基礎から考え方を見直したいと思います。

 

 

 

マエケン流キャッチボール

  1. 左肩(左ピッチャーは右肩)が開かないように、グローブを右腰に当てながら投げる(近距離)
    慣れてきたら、普通の投げ方に戻して徐々に距離を広げていく
  2. ステップを入れながら投げる(40m)
    ステップを入れることで投げるタイミングが取りづらくなる為、体の力を出すタイミングを覚えるために行う
    (勢いがついて力強い球が投げられるので、その感覚を忘れないようにする)
  3. ゆっくり大きく投げる(50m)
    ボールのキレイな回転を意識しながら、身体を大きく使って山なりのボールを投げる
    自分のペースに合わせて前に出て距離を縮める
  4. 塁間まで距離を縮めて強いボールを投げる
    ステップを入れて、力が入るポイントを確認する
  5. フラットな状態で軽くピッチングを行う(ブルペンくらいの距離)
    試合の前日等、試合が近い時に行い実際に捕手を座らせて行うことで、より実践に近い練習となる

 

 

 

キャッチボールの意識

ピッチャーにありがちな考え方

キャッチボールの際はなるべくフォームを意識して、ピッチングと同じフォームで投げる

 

 

前田健太投手の考え方

ピッチングと同じフォームで投げていると、その投げ方しか出来なくなってしまう
色々なフォームを試して、「このフォームならこんなボールが投げられるんだ」という発見を、毎日行うキャッチボールでしていくことが大事。

 

 

以上が前田健太投手流のキャッチボールの紹介でした。
筆者は捕手なのですが、投手のような投げ方をしていたら指導者に「キャッチャーにその投げ方は必要ない」と注意され、ひたすらコンパクトに投げていた時期がありました。その結果、前田投手が悪い例で挙げていた通り、その投げ方しか出来なくなってしまい、悩んだ経験があります。
キャッチボールは真面目になりすぎない。遊び心を持つ」という前田選手の考え方がとても大切だと思いました。
せっかく毎日行うキャッチボールなので、少し遊び心を持って、沢山試して新しい発見をしていくのも良いと感じました。

 

それでは動画をご覧ください。

動画引用元:【プロのキャッチボール】前田健太が思うキャッチボールのやり方

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。