怪我をして諦めている選手たちへ プロ野球選手達を治療してきた小波津先生

(怪我をしてしまって)
どこに行っても治らない
と、諦めている子供たちはたくさんいるんで
そういう子たちに1回無料で体感してもらう活動をしている

 

という言葉を動画の最後に先生がおっしゃってます。ものすごく素晴らしい考えを持った先生だと感じました。

今回紹介する動画は、野球Youtuberの向さんからご紹介いただき、イチロー選手、佐々木主浩さん、松井秀喜さん、金本知憲監督など、そうそうたる顔ぶれのスポーツ選手の「治せないものを治してきた」小波津先生の対談と実際の施術シーンです。

肩や肘、膝、腰など、痛みと戦っている選手は数多くいると思います。上手くなろうとたくさん練習したり、試合で人一倍頑張るのは、とても良いことですが、身体よりも気持ちの方が前に出てしまい、身体に無理が来ていることに気付かずに怪我をしてしまう選手は、多いのではないでしょうか。

 

筆者もその一人です。
肩が上がらない時期、肘が曲がらない時期、ということが実際にありましたが、痛いことは誰にも言えずそのまま我慢して、ごまかしてプレーを続けてました。結果、今現在でも、肘の可動域が狭くなり、脇を締めた状態で手を肩に付けることができません。肘がちゃんと曲がらないわけです。

元プロ野球選手の方がこのようなことをおっしゃってました。

 

子供の頃の怪我は怪我ではなく障害になる

 

と。
この言葉を聞いた時に、つい自分の肘を触ったことを覚えてます。

選手でしたら怪我をした時は、我慢せず隠さずに監督・コーチ・親にはっきり言うことが大事ですし、見守っている監督・コーチ・親の方々も日頃の気遣いが重要になると思います。そして、痛みを素人判断をせずに、病院等に足を運び、プロの方に診てもらうことが本当に重要だと思います。

スポーツにおいて怪我は付き物ではありますが、怪我が少なくなり、怪我で大好きな野球を辞めていく選手が一人でも少なくなればと思います。

何をしても、どこに行っても治らずに諦めていた方は是非、小波津先生のところを訪ねてみてはいかがでしょうか。

【小波津整骨院HP】
https://kohatsu.net/

 

 

 

 

 

動画引用元:【痛みが一瞬で治った】野球人を救う”神の手”超有名プロ野球選手達を治療してきた小波津先生とコラボ‼︎《対談&施術》そして驚愕のシーンに立ち会え