打撃練習 菊池涼介 軸が全くブレない連続ティーバッティング

今回紹介する動画は、2017年の日南秋季キャンプで広島東洋カープの「菊池涼介」選手が連続ティーバッティングのシーンになります。

動画を見て頂ければすぐに分かると思いますが、菊池選手の頭の位置が全く動かずに連続でティーバッティングをしていることが分かります。菊地選手のバッティングのイメージは、時々引っ張ってレフト方向へ打つ時もありますが、基本はセンターから右方向(逆方向)を狙ったバッティングをすることが多いと思います。

なので逆方向へ打つ際に、頭や上半身が前に突っ込んでしまうのは、流し打ちをする打者としては致命的になってしまいます。特に上半身が突っ込まないことを強く意識した練習が、この連続ティーバッティングにつながっていると思います。

連続ティーバッティングは何を目的にする練習なのか、様々な考えがあると思いますが、筆者的には「バッティングフォームを固める」ための練習と思ってます。一定のリズムで、テンポ良く繰り返し同じ動作を行うと、筆者はフォームが馴染んでくるイメージがあります。

もし、皆さんも菊地選手のように、上体を突っ込まないような打撃フォームを取り組みたいのであれば、スマホ等でバッティングフォームを撮影して、頭の位置や胸の位置、腰の位置などをフォームチェックして、ブレが大きいのか、小さいのか、そもそもブレが無いのか、確かめながら練習すると、より効果的だと思います。

では動画をご覧ください。

 

 

 

 

 

動画引用元:軸ブレしない 菊池涼介 連続ティーバッティング カープ 2017 日南秋季キャンプ