走塁練習 健大高崎 サインプレーでホームスチール成功

今回紹介する動画は、機動破壊で有名な健大高崎が甲子園という大舞台でホームスチールを決めるシーンです。

このホームスチールのシーンは、1点差で追い込まれた9回裏2アウト2、3塁から、2塁ランナー飛び出しに気付いたピッチャーが2塁に牽制、その間に3塁ランナーがホームスチールを成功させて同点、というシーンです。

たまたまこのようなシーンになったと思う方も多いかもしれませんが、実はこのプレー、サインプレーだったようです。チーム全員が相当足に自信があり、走塁に関するサインプレーを何度も練習しているのでしょう。甲子園という大舞台、そして9回裏2アウトで負けている場面で、このサインを出す方も成功させる方もすごいとしか言い表せられないです。

このサインプレーを成功させるポイントは、2塁ランナーが飛び出すタイミングと、3塁ランナーがホームスチールするタイミングを合わせることだと思います。2塁ランナーは投手に牽制させる必要があります。つまり投手がランナーを見ているタイミングで飛び出す必要があります。とにかく2塁ランナーは牽制させること。

3塁ランナーは牽制のタイミングで思い切ってホームスチールしますが、正直スタートする時点では、本当に牽制をしたのかどうかは分からないと思いますが、もし牽制をしていなくてもホームに突っ込んだ方が良いです。この意識でないと思い切ったスタートは切れないと思います。

2塁ランナーは投手に牽制をさせるタイミングで飛び出すこと。
3塁ランナーは投手が牽制すると思われるタイミングでボールの行方を気にすることなくホームに突っ込むこと。

この2つが大事になります。

では動画を参考ください。



動画引用元:20170326 春の甲子園 2回戦 健大高崎ホームスチール