打撃練習 糸井嘉男 脇を締める意識で片手ティーバッティング

今回紹介する動画は、阪神タイガースの糸井嘉男選手のティーバッティング練習シーンになります。糸井選手がやっている練習は、普通のティーバッティングではなく、片手で行っているティーバッティングです。

片手ティーバッティングを行う目的は何種類かありますが、糸井選手とコーチを見ていると「右脇が開いてしまう」ことを防止するために行っていると思います。動画では両手どちらとも片手ティーバッティングを行ってますが、今回は糸井選手で言うと右手、右打者の場合だと左手で行う、片手ティーバッティングに注目したいと思います。

筆者の場合、特に高目のボールでしたが、高目になると脇が開いてしまいやすくなり、結果、身体が開きやすくなったり、ドライブボールを打ってしまい外野で急激に失速する打球を打ってしまうことが多かったです。なので、高目の球に対して片手ティーバッティングを行った経験があります。なんだか、当たった時の打球も弱々しいので、地味な練習な感じがしますが、脇の締めを強く意識できる練習になると実感はありました。

脇を締めつつ、バットをしっかりとコントロールして、芯に当てる事を意識して行うと、より良い片手ティーバッティング練習になると思います。バットが重くてコントロールしにくい場合は、片手用のバットを使うか、バットを短く持ちましょう。

では動画を参考にしてみてください。



動画引用元:糸井嘉男 片手でティーバッティングした後両手で打ったら打球がやばかったw