第4話 出来ない選手がその苦手を克服した時、その反動は大きい【プロ野球編】

仁志敏久インタビュー、第4話は【プロ野球編】です。
いよいよプロの道へと進んだ仁志さん。そこで待ち受けていた壁、そして恩師との出会い。プロ野球界に入って、どんなことを学んだのか、色々と伺いました。

また、当記事の最後に仁志さんのサイン色紙・サインボールプレゼントキャンペーンを実施しております。こちらのご応募もお待ちしております。

これまでの仁志敏久インタビューをまとめた特設ページはコチラ

 

 

コーチの寛容さのおかげで多くの失敗ができた

山本
いよいよですが、プロ野球(巨人)では、どんな練習をされていたのか訊かせてください。

仁志
入団当初はベテランコーチが多く、大らかな野球だったように思います。
長年培った指導には結果や選手を見る寛容さが備わっていて、練習もよくやらされましたが、いちいち細かいことで口うるさくねちねちと責められることはなく、失敗にも寛容でした。
若いころはたくさん失敗をしました。でも、試合に出してもらって成長を待ってもらって。もちろん結果を出すことにも必死でしたけどね。
今もよく思いますが、若い頃にどんなコーチに出会ったかで変わる選手はたくさんいるように思います。

山本
指導者の寛容さ、というのは選手にとっては本当に大事ですね。思い切ったプレーが出来ますし。
やはり仁志さんにとって、土井コーチの存在は大きいですか?

仁志
そうですね。ほとんどやったことがなかったポジションですから、ゼロからのスタートです。
土井さんは熱心に教えてくれました。
正面のゴロすらまともに捕れないくらいへたくそだった私に。
まともにセカンドが出来るようになったのは取り組んで3年目くらいです。
出来るようになるまでマンツーマンの指導が続きました。

出来ない選手がその苦手を克服した時、その反動は大きい

山本
そう言えばCS放送の番組で見ました。
宮崎キャンプで特守のシーンだったと思いますが、仁志さんが泥だらけでノックを受けながら、
「クッソ!まじ分かんねぇ!」
って叫んでました(笑)

仁志
はい、本当にただゴロを捕ることすら出来ませんでした。
そもそも社会人の頃から守備が苦手になり、上手いと言われるようなプレーなどほとんど記憶にありません。
だから、
「分かんねぇよ、くそ!!!」
って言いながらやってました。
でも、そういう姿にも見捨てることなく寛容に見てくれていました。
若いコーチの中にはそんな姿を見て「なんだこの野郎!」と受け取る人もいると思いますが。
例えば、もし自分の前で「分かんねぇよ!」「出来ねぇよ!」と叫びながらもがいている選手がいたとしても腹を立てたり、指導を諦めたりということはあり得ないです。自分がそうしてもらってきたように、出来るようになるまで、付き合います。

山本
逆にそれぐらい勢いがある感じの選手の方を好んだりしますか?

仁志
そうかもしれません。
「くそ!」と思いながらやっている方が希望があります。
出来ない奴はそういう気持ちでやらないと出来ないままだと思います。
出来ない選手がその苦手を克服した時、その反動は大きい。突出した選手になる可能性はあると思っています。

 

コーチがセカンド出身だったことが自分の幸運

山本
やはり土井さんご自身がセカンド出身だった、ということは大きかったですか?

仁志
恐らくその幸運は大きかったと思います。
特にセカンドというポジションを経験した人が、経験から話をして、一緒に取り組んでくれないと、初歩の部分は出来ないです。
セカンドというのは野手の中ではキャッチャーの次に特殊。
どのポジションもそつなく熟す人からすれば投げる距離も近いし、体力的にも楽だろうし、技術的にもそんなに難しくないだろうと思われるでしょうが、そう思っている人が教えても選手には伝わらないし、肝心なところが指導出来ないと思います。
やっていないと分からないというのはどこのポジションも一緒ですが、セカンドというポジションは特にそのように思います。

 

楽になったコーチの一言

山本
土井さんに教えて頂いて印象的なことはありました?

仁志
「後ろに下がってもいいんだよ」と言われたこと。
それが気分的に楽になった一言でした。
基本的に守備は「前で捕れ」「前に来い」って教えられることが多いですが、
セカンドの場合は特にそれが出来る。他のポジションでもケースによっては言えることですけど、バウンドの合わせ方として下がるという選択肢を与えてくれたのは大きなヒントでした。

山本
「常に前」という固定概念から、解き放たれたみたいな感じですかね。

仁志
そうですね。
古い教えの悪しき習慣の一つかもしれませんね。
「両手で捕れ」とか「体の正面で捕れ」という指導は固定観念に過ぎず、動きの幅を狭くし、なおかつより難しいものにしようとしているとも言えます。
両手で捕ることを前提にすれば動きの幅が制限されます。
決まった形で捕るものだと決めつけてしまえば融通が利かなくなります。
ある程度簡単なゴロは両手を使いますが、どちらかというと余裕がある場合。
ゴロはほぼ全てが応用ですからそればかりではいけません。

山本
捕る体勢というよりは、バウンドにどう合わせるか、ってことの方が大事なのですか?

仁志
そうですね。
どういう形で捕るか?ではなく、どう投げるかの方が重要です。
捕る形もそのケースに合った方法を選択しなければなりません。

山本
コーチの一言で選手がここまで大きく変われるのは、コーチの言葉は絶大ですね。

 

【プロ野球編】はここまでです。
タイトルにも書かせて頂きましたが「出来ない選手がその苦手を克服した時、その反動は大きい」というのは、とても印象に残った言葉でした。出来ない選手が出来るようになるためには、最初から出来た選手よりも、考える、他者(出来る選手)をよく観察する、自分で課題を見つけ反復練習を行う、などのプロセスを経ます。しかし、元々出来た選手は、このプロセスを経ていないので、突然壁に当たった時はもろく崩壊しがち。出来なかった選手が出来るために行うプロセスは、壁に当たっても建て直す術や努力の方法を知っていることが、とても強いと思います。
さて次週は【アメリカ独立リーグ編】です!お楽しみに!

 

 

プロフィール

仁志敏久
1971年10月4日 茨城県古河市出身
野球解説者、野球指導者

経歴
常総学院高等学校、早稲田大学、日本生命、読売ジャイアンツ、横浜ベイスターズ、 ランカスター・バーンストーマーズ

主なタイトル歴
新人王(1996年)
ゴールデングラブ賞4回(1999年~2002年)

仁志敏久ホームベースクラブ facebookページ

 

山本慎二郎
1979年9月14日 宮崎県宮崎市出身
株式会社スポリティー 代表取締役

職歴
株式会社シンソフィア
楽天株式会社
アマゾンジャパン
株式会社オズビジョン
インクルージョン・ジャパン株式会社
株式会社スポリティー

スポリティー会社情報
山本慎二郎 facebookページ

 

 

 

仁志敏久
サイン色紙・サインボールプレゼント

スポルアップ会員のみ応募が可能です。まだ会員ではない方はコチラからご登録ください。