内野守備練習 ゴロ捕球の基礎練習

今回紹介する動画は、内野守備におけるゴロ捕球の基礎練習を紹介した動画になります。教えている方の捕球体勢がキレイですし、丁寧に教えていますので、とても分りやすいと思います。

まず指導者の方の捕球体勢でとてもキレイです。骨盤がグッと低い位置まで下がっており、股関節の柔軟性が高いことが分かります。背筋も真っ直ぐで猫背でもありません。キレイな体勢でゴロを捕球するならば、形を気にする前に「股関節の柔軟」「猫背」を先に対策した方が良いでしょう。

やはり、左足のつま先を指導してます。捕球の次の動作である、送球動作に素早くスムーズに進めるために、左足のつま先を立てて、捕球することは基本となります。

そして、グローブの位置についても教えてます。グローブの位置については色々な考えがあると思いますが、この指導者の方は、グローブは前ではなく、身体の近くにグローブを置いて捕球するようです。また、左足付近にグローブを出すのではなく、身体の中心にグローブを持ってくるようです。なぜ、そのグローブの位置にしているのか、理由や意図は分かりませんが、きっとこの指導者の方の捕球感覚だと思います。「感覚的にこっちが良い」というのは、筆者は良いと思います。感覚は本当に大事です。

では細かいところについては、動画をご覧ください。

 

 

 

 

 

動画引用元:【守備講座】M球で若手選手と守備の基礎練習 守備上達を目指す!

 

 

スポルアップ主催 第1弾セミナー開催