打撃練習 学ぶヒット量産のコツ 構えの時点からトップを作る

この動画は、稲葉さんと同じ左バッターの選手に特に見ていただきたいです。

稲葉さんが伝授するコツは2つ。

 

・トップを作っておく

・右足でボールをとらえる

 

になります。

まずは、構えの時点からトップを作っておくこと。これは、左バッターで言えば、右手をグーっと後ろに引いてトップに近い位置までバットを持っていくことになります。筆者もこの構えを高校時代に学び、今でもこの構えでやってますが、良かったことは、ボールを長く見れること、と速い球についていけるようになったことです

構えの時点からトップになっているので、始動が遅くなる分ボールを引きつけることが出来ます。なので選球が良くなり、ボール球をスイングすることが少なくなりました。なんだか余裕が出来たイメージがあります。

また、速い球にも対応しやすくなりました。構えの時点からトップが出来ているので、いつでもスイングに行ける状態は速い球にも対応しやすさを感じました。

レベルが上がってくると、この構えにしていくことをオススメします。

次の右足でボールをとらえる、というのは左バッター特有のイメージです。左バッターは、1塁ベースに近い分、ステップする足が1塁側に開きやすくなるそうです。なので、意識的に右足でボールをとらえるイメージを強め、身体の開きを防止する意味があると思います。稲葉さん独特の言い回しですね。

では、稲葉さんからヒット量産のコツを学びましょう。