脇が空いてしまうクセを逆手スイングで改善

■課題・要望
・脇が空いてしまう
・肘が上がってしまう

バッティングスイングをする際、脇が空いてしまったり、肘が上がってしまう選手って結構多いですよね。よく脇にタオルを挟んだり、グローブを挟んで素振りやティーバッティングをやったものです。
この練習も効果的では無い訳ではないですが、もう一つ、この課題を改善するための練習を紹介します。

その練習が「逆手スイング」です。
右打者であれば左打者のバットの持ち方をして、左打者であれば右打者のバットの持ち方で、バットを短く持ってティーバッティングを行います。

まずは逆手スイングでティーバッティングを行っている動画からご覧ください。

動画引用元:野球 バッティング 練習方法 肘が上がってしまうフォームを治す!

 

 

そして、この逆手スイング練習の注意点を紹介します。

下半身は動かさない

この練習の目的は、脇を締めることを強く意識して、腕の動きをスムーズにすることが目的です。なので、ステップをしたり、下半身の体重移動、腰を回転して打つと、脇が甘くても打球をとらえることができます。あくまで腕の動きを覚えるための練習なので、下半身は固定することを守ってください。

ボールは胸の高さあたりに投げてもらう

ティーバッティングの際、トスを上げる側は胸の高さあたりに投げ、その球を打ち返す方がより効果的です。この時、ダウンスイングではなくレベルスイングを意識して、ライナーの打球を打つイメージでやると良いでしょう。

詳しい注意点は以下の動画にて。

 

 

 

 

 

動画引用元:【B1 CLUB】逆手スイングの注意点