守備練習 足の運び方がコツ 今宮健太のキャッチングをスローモーションで見る

プロ野球界を代表する遊撃手と言えば福岡ソフトバンクホークスの今宮健太選手の名前が挙がることは間違いないです。堅実な守備、広い守備範囲、三遊間深い位置からでも投げられる強肩、ネガティブな要素が無い素晴らしい選手です。

今回紹介する動画は、今宮選手はノックを受けているシーンをスローモーションで撮影した動画になります。これまで当サイトでも今宮選手の記事を多く書いてきましたが(今宮選手の記事のまとめページはコチラスローモーションで見ても、やはり素晴らしい捕球体勢、素晴らしい送球フォームになっていることは間違いないです。

この動画を見て筆者的に今宮選手が特に良いと思ったところは、

・捕球体勢に入る前の右足
・送球する前の軸足(右足)

の2点です。

捕球体勢に入る前をご覧いただきたいのですが、ゴロのバウンドに合わせて右足を大きめに踏み出していることが分かります。捕球が苦手な選手に多いのが、グローブの使い方の前に足の運びが苦手だったりすることが多いです。今宮選手を見ていると、バウンドに合わせて適切なタイミングで右足を踏み出し、そして捕球体勢に入り、グローブを出しつつ同時に左足をかかとから前に出していることが分かります。どの打球においても、この一連の流れは保っています。バウンドに合わせて良きタイミングで右足を踏み出すことが、まずは重要かと思います。

そして送球に入る際、これも右足に注目いただきたいのですが、軸足の内側(土踏まず側)を確実に送球する方向(ファースト)へしっかりと向けてから、送球していることが分かります。暴投が多い選手は、腕の振り方よりも足の運びや向きがおかしいことが多いです。しかし今宮選手は軸足の内側が、毎回しっかりとファーストに向けられていることが分かります。

もちろんゴロ捕球が上手くなるためには、グローブさばきが上手くなることも大事ですが、まずは今宮選手のような足の運び方が出来るか出来ないかで、キャッチングに大きな差が出るように思えます。

ぜひ動画を参考にしていただき、見習ってもらえると嬉しいです。

 

 

 

 

動画引用元:スローモーションで見る 今宮健太 守備練習 2017 春季キャンプ編