守備練習 井端弘和 捕ってから速く投げるためにやっているテクニック

当サイトでは常連となっている井端弘和氏。最高の守備職人ですし、井端氏の動画を見ていると、とても分りやすい説明をしてくれるので、本当に為になります。現在は日本代表と読売ジャイアンツの内野守備走塁コーチを務めてます。

今回紹介する動画は、捕球してから投げるまでのスピードを上げるテクニックについてです。

井端氏の言葉ですと、

 

グラブを板状のモノだと思って、ボールを捕るのではなくて、打球に対してグラブを当ててあげるイメージ

 

とのことです。つまり「当て捕り」を行うことで時間を短縮して、スピードを上げているようです。

通常は「キャッチ→ボールをつかむ→送球」という流れの動作になりますが、当て捕りで打球を処理することで「グラブにボールを当ててつかむ→送球」となり、キャッチの動作とボールをつかむ動作が同時に行い、動作の短縮を実現できます。

実際に井端氏の捕球をスーパースローカメラで撮影してますが、グローブは閉じないです。ボールを当てて打球を殺す役目にグローブがなっており、グローブでのキャッチは行ってないです。

このテクニックを手に入れられれば、捕ってからのスピードが格段に上がると思いますので、難易度は高いですがチャレンジする価値があると思います。ぜひ動画を見て学んでください。

中日ドラゴンズ 井端
※すみません。埋め込み不可の動画でした。

代わりに、守備練習を行ってる動画もご覧ください。

 

 

 

 

 

動画引用元:巨人 井端選手 内野守備 参考動画

 

 

スポルアップ主催 第1弾セミナー開催