投球練習 肩と肘が軽減される正しい投げ方

アーム投げの定義や、正しい投球フォームの定義については、教える方によって本当に色々あると思います。今回紹介する動画も、正しい投げ方を伝えている動画になりますが、筆者的には、目からウロコな感じの教えでした。今までの自分の投げ方の概念が変わった感じがします。

 

動画の1:47では、
「(腕を)下げて、(肘を)上げて、(肘を軸にボールを)マルかいて、ポン(と投げる)」
ということを伝えてますが、この投げ方が筆者的には画期的でした。特に「マルかいて」という部分は、今までと動きが逆じゃないのか!?と思うイメージがあったほどです。
動画で投げ方を確かめたい方は、ぜひ動画をご覧ください。

実際に筆者もこの投げ方をやってみました。すると、かなり驚きました。特に肩の負担をほとんど感じないのです。

今までの投げ方では、投げようとすると肩が「突っ張る」というか「肩の筋が引っ張られている」というか、なかなか言語化できませんが、このような感覚になってました。しかし、このマルかいてポンと投げると、突っ張る感覚がほとんど無いことに気付きます。以前までの投げ方では、随分と肩に負担があったのだと感じます。

肩や肘に痛みを感じる方は必見の動画ですので、ぜひご覧ください。



動画引用元:20年間アーム投げだった男が「マルかいてポン」で劇的変化