打撃練習 バットの握り方 ベストな握り方を探す

当サイトでも何度か紹介しましたが「バットの握り方」について。バットの握り方一つで、構えが変わり、スイング軌道が変わり、力の入り具合も変わります。自分の短所を補う握り方にするのか。はたまた長所を更に伸ばすための握り方にするのか。考え方は人それぞれですので、ぜひ自分に合ったバットの握り方を見つけてください。

バットの握り方は大きく2種類に分かれます。

フィンガー:指で握る方法
パーム:掌で握る方法

この2種類に分かれます。しかし、この動画では第3の握り方を紹介してます。それは「指の付け根で握る」方法です。これがベストだと考えているようです。

フィンガーだと、後ろの肘が落ちるため力強いスイングが出来なくなります。パームだと、力強いスイングが出来るものの(右打者の場合)右肘が上がってしまうことで、肘を入れる動作が難しく、右肩が下がりやすくなるため、高めのボールに対応出来ない、とのことです。

筆者はパームですが、この感覚は理解できます。どちらかというと、低目のボールの方が得意で、高目は少し苦手な感覚はあります。パームの握り方の欠点なのでしょう。

なので、フィンガーとパームの間に位置する「指の付け根で握る」という方法がベストになるのでしょう。

実際にやってみたところ、フィンガーより力強いスイングができますし、パームよりリラックスして構えることが出来ます。確かに、フィンガーとパームの良いところを取ったイメージはあります。また、パームの方がボールを押し込める感覚はあるので力強さはパームの方が上だとは思いますが、パームより指の付け根で握った方がバットコントロールしやすい感じにはなりました。

バットの握り方を変えるのはちょっとした動きかもしれませんが、構えている感触やインパクトの感触は全然違うものになります。自分に適した握り方を今一度模索すると良いかと思います。

では動画を参考にしてみてください。

 

Yahoo!ショッピング
購入金額の1%分スポルアップポイント貯まる

スポーツ用品を買うならYahoo!ショッピングがお得

 

 

 

動画引用元:【野球DVD】上一色中野球部のバッティング Disc1 sample