打撃練習 身体の開きを抑える 真横から投げるティーバッティング

身体を開かないようにどう打つのか、というのはバッティングにおいて永遠のテーマなのかもしれませんね。右打者で言えば、左肩をいかに残した状態でボールを呼び込み、自分の打てるポイントでフルスイングする、ということが出来ると、まさに「自分のバッティングができた」ということになると思います。

今回紹介する練習は、真横からボールを投げてもらってティーバッティングを行う練習です。真横から投げるティーバッティングがまさに身体が開いてしまうのが癖になっている選手には最適な練習の一つです。

筆者の場合は、試合後の反省で「身体の開きが早くて打ち損してしまったなぁ」という時に、今目の前にある課題を克服するために、実際に行っていたティーバッティングでもあります。

このティーバッティングは、やってみると意外に難しいことが分かります。少し窮屈さを感じる選手もいるでしょう。やりにくさを感じた選手は、日頃ポイントを前に置いて、近いポイントであまり打たない選手の可能性が高いです。ポイントを前に置くと打球が飛びやすくなるので、ヒッティングポイントとしては申し分ないですが、一方空振りも多くなってしまうことも確かです。

近いポイントでもしっかりとセンターに打ち返せるようになると、無理してポイントを前にしなくても良くなるので、自然と打率が上がってきます。そして、なかなか空振りをしない、バッテリーからすると嫌なバッターになります。

身体の開き防止としての練習はもちろん、近いポイントで強く打ち返すようになるためにも、真横からのティーバッティングはオススメです。では動画をご覧ください。

 

 

 

 

動画引用元:【真横からのティーバッティング】お父さんとお母さんのための野球基礎知識(上級編)

 

 

 

スポルアップ主催 第1弾セミナー開催