投球練習 堀瑞輝 独特なフォームで打ち難さを重視

北海道日本ハムファイターズの2016年ドラフト1位で入団した堀瑞輝投手ですが、ファームで結果を残し、シーズン後半に1軍に上がり、まだ4試合ほどしか投げていませんが、日本代表に抜擢される期待の大きい投手です。

堀投手は、左投手のスリークォーターのフォームで、スライダーとチェンジアップを得意とする投手です。ストレートの球速は140km前半をコンスタントに出すタイプで、どちらかというとコースと高低を上手く使って抑える投手です。

筆者が掘投手を初めて見た時、思わず「絶対打ち難いでしょ」と口に出したました。後ほど、動画で掘投手の投球フォームを見て頂きたいのですが、注目すべきは「足の上げ方」と「右手のグローブの出し方」です。

まず足の上げ方ですが、足を上げた際、少し中に入れる感じで足を上げ、かつ身体も中に入れるので、胸がセカンド守備の方向を向いています。なので足を踏み出す始動の時には、バッターからすると「余所を向いている」状態になるのでタイミングが非常に取りづらいです。

更にグローブの出し方も凄いです。通常は足を踏み込んだ時にグローブはキャッチャーに向かって真っ直ぐ出しますが、掘投手は違います。グローブを一塁方向に出しています。一塁方向へ身体が向いているので、なかなかボールが出てこないイメージになります。これもタイミングが非常に取りづらいです。

そして、スリークォーターという微妙な位置からの投げ出し。本当に打ち難い投手だと思います。

この手の投手の場合、球速のわりには速く見えるので、差し込まれることが多いです。その証拠に、動画で出てくる最初のバッターは、141kmの内角のストレートが完全に詰まってます。外国人選手なので141kmのストレートは速いボールでは無いと思いますが、明らかに詰まってます。正直、かなり速く見えていると思います。

・足を中に入れながら上げて胸の方向はセカンド
・グローブは真っ直ぐ出すのではなく、ほぼ真横に出す
・そして左投のスリークォーター
唯一無二の投手ですね。では動画をご覧ください。

 

 

 

 

 

動画引用元:堀瑞輝「2回25球パーフェクトで抑える」180304 侍ジャパンシリーズ2018 日本対オーストラリア

 

 

動画引用元:高卒1年目でU-24侍ジャパン入り 日本ハム 堀瑞輝 至近距離 ブルペン 2017 みやざきフェニックスリーグ

 

 

スポルアップ主催 第1弾セミナー開催