打撃練習 ヒッチを使って”間”を取りやすくするコツ 

今回は、バッティングにおける「ヒッチ」の使い方についてご紹介します。
皆様は「ヒッチ」という言葉をご存知でしょうか。
ヒッチとは、スイング過程で、バット上下に動かして打つ動作のことを指します。
このヒッチという動きを使うことで、バッティングの力強さが増す効果が得られます。
バットの遠心力を使えるようになるだけでなく、タイミングを取りづらいという方にも効果的な技術なので、ぜひ取り入れてみてください。

 

 

 

ヒッチの使い方

【やり方】

  1. 踏み込み足を上げた時にバットを下げる
  2. ゆっくり踏み込む動作に合わせてバットを上げる
  3. 振り出す

 

※バットを下げて、上げて、打つイメージが大切です。

 

 

 

ヒッチを使うメリット

  • 普段のバッティングにヒッチの動作を加えることで、よりバットが加速して出てくる
    遠心力をより上手く使うことが可能になります。
  • タイミングが合わせづらく悩む人にも有効なスイングになる
    →上半身と下半身が連動してタイミングをとることができるようになります。

 

 

 

ポイント

  • 足を力強く引き、バットを上げないこと
    ゆったり踏み込んで打つことが重要です。
  • バットを下げた時に足とバットを持つ手が体の中心に集まるイメージ
    →体の中心に集まったあと、足を踏み出し、腕が上がるという動作で割れの動きもできるため、が取りやすくなります。
  • トップの時にバットが体の後ろに入りすぎないように注意する

 

 

以上がヒッチの使い方になります。
筆者も試してみたところ、バットの遠心力が普段のスイングより強く働き、ヘッドスピードが上がって打球が強くなったことが実感できました。
バッティングに正解はないと思います。
ですが、引き出しが多い方がバッティングの幅が広がるので、ぜひ1つの技術として取り入れてみてください。

 

それでは動画をご覧ください。



動画引用元:【必見】ヒッチを使えば、バッティングが良くなる!?