守備練習 内野安打を許さない 高いバウンドのゴロ捕球のコツ

今回ご紹介する動画は、「高いバウンドのゴロの捕球方法」です。
軟式野球で見られることが多く、内野手見せ場の一つであると思います。
バウンドの高い打球は、グラブを出すタイミングが難しく、エラーになることもあります。
個人的にもショートを守っている時に、このような打球が来て内野安打エラーになってしまい、出塁させてしまった苦い経験もあります。
それでは、捕球の確率を上げるために効果的な練習方法を見て行きましょう。

 

 

 

まずはじめに、高いバウンドにおける理想的な、捕球位置を確認します。
打球がバウンドして、上がり途中で捕球することはNGです。
理由としては、打球と一緒に浮いてしまったり、後ろ下がってしまうため、送球動作に繋げづらいからです。
高いバウンドを処理する理想的な捕球位置は、打球地面に着いて、弾んだ直後です。
もしくは、打球がバウンドした後の落ち際です。
この2つの捕球位置を狙うことで、体が自然とに動き、送球も力が乗った強いボールを投げることが出来ます。

 

 

①二人一組でボールの跳ね際にグラブを被せる練習

 

【ポイント】
・グラブにボールが入った後に、真下にボールが落ちるようにする
・ボールにを動かして合わせる

 

 

②グラブを下から使い捕球する練習

 

【ポイント】
・グラブを意識するのではなく、足で打球に合わせるイメージを持つ
体より前でボールをさばく

 

 

 

③ノックで実践

 

【ポイント】
・最初はバウンドの低いゴロで行い、捕球する位置を確かめる
足を運ぶ意識を持つ
・打球の跳ね際落ち際で捕球する

 

 

上記の練習方法は、段階を踏んでいるので体に染み込みやすいと思いました。
たくさん数をこなし、良いイメージで試合に臨みたいですね。

 

それでは、動画をご覧ください。



動画引用元:軟式野球に多くある『高いバウンド』のゴロの捕り方!ある練習法をするだけでショートバウンドで捕れまくり!?ノックで実演!【内野手必見】【守備練習】