投球練習 服部泰卓の武器 速球スライダーの投げ方と練習方法

今回ご紹介する動画は、「球速が遅い投手の武器になる、速球スライダーの投げ方」についてです。
小柄な選手だと投げる球に角度がつきにくく、身体の使い方が上手な選手でないと球速伸びづらいと思います。
そこで、小柄な選手でも数々のプロ打者を抑えてきた、元千葉ロッテマリーンズドラフト1位左腕服部泰卓投手が紹介する、キャッチボールの極意とスライダーの投げ方についてご紹介いたします。

 

 

 

服部選手流 キャッチボール

 

アップ山なりキャッチボール

 

【目的】
スピンコントロールを効かせる

 

 

【ポイント】
下半身の土台をしっかり作ってから、体重移動を意識して投げる
✕フォームを緩めて投げる
体重移動:地面(下)からに上がってくるイメージ

 

距離が十分に離れ、力を入れた投球が必要になったら、徐々に投球の軌道下げるように意識してください。
(球威を上げていく際、相手の胸がボールの到着点ではなく、突き破るイメージ)

 

 

 

空振りを取れるスライダーの投げ方

【ボールの投げ方】

  1. フォーシームの握りのまま、指をかける縫い目を「C」の形にする
  2. 人差し指中指につける
  3. ストレートより深く握る
  4. ストレートと同じ腕の振り方リリースで投げる←1番スピンがかかる

 

 

緩い山なりの変化球は、空振りが取れない上に、投げた瞬間に変化球と分かってしまいます。
ストレートに近いフォームで変化球を投げることで、空振りをとることが可能になります。

 

 

 

小柄で球速が出ない中で、打者を抑えられた理由

ボールがバットに当たる位置タイミングを”“でズラすのかという点に着目

 

  • 緩急(←一般的に多い考え方)
  • フォーム
  • その他

 

 

小柄で球速が伸びなかった服部選手は、タイミング変化球でズラすことを選択

 

 

以上が服部選手の武器であるスライダーの投げ方と、不利な中で戦っていく際の考え方についてです。
小柄=不利という概念を覆した服部選手の投球は、体型マイナスに捉えるのではなく、個性の一つとしてオンリーワン武器にしていることがわかりました。
自分に合った最高の武器を見つけ、その武器を伸ばすことで打者を翻弄していきましょう。
それでは動画をご覧ください。



動画引用元:夜練中に現れたドラフト1位左腕!糸井嘉男を抑えた鬼スライダー!

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。