上半身のひねりをうまく使って力強い打球を目指す

■課題・要望
・上半身のひねりをうまく使ったバッティングをしたい
・アッパースイングの修正したい

今回は、少し面白いカタチでのティーバッティングを紹介します。
2パターンのティーバッティングですが、一つ目が「イスに座った状態で行うティーバッティング」二つ目が「片膝を着いた状態で行うティーバッティング」です。

そもそも、この2つのティーバッティングをやる意味ですが、共通しているのが下半身が固定されていることですから、下半身で行うステップができないため、上半身のひねりで打つ必要があります。なので、この練習は、上半身のひねりの使い方がうまくなり、結果、スイングスピードアップにつながると言えます。
また、下半身が固定されていると、肩が自然と水平になるため、後ろの肩が下がってしまうアッパースイングの修正にも役立つと言えます。

また、この練習をやるときにオススメなのが、通常のティーバッティングのようにネットに向かって打つよりも、ロングティーバッティングのようにネットがない状態で遠くに飛ばすイメージでやることをオススメします。
理由は、ボールを遠くに飛ばすためには、腕の力ではなく、ひねり(回転)が重要です。でも、遠くに飛ばそうとすると腕に力が入ってします。そんなクセを直すためにも、腕に力を入れずひねりで遠くの飛ばすことを覚えて欲しいためです。
ボールがどこまで飛ぶのか。これを可視化できるだけでモチベーションになります。
ぜひ、試してみてください。

 

 


 

 

 

動画引用元:イスに座って ティーバッティング

 

動画引用元:ダウンスイング改善! 片膝着いて ティーバッティング