守備練習 グーパーキャッチで腰をしっかり落とした捕球体勢を目指す

特に内野守備において、腰が高く、腰がしっかりと落とせない選手は多いと思います。

 

低い体勢で!

 

と伝えても、なかなか実践することが難しく、腰を落とすのではなく、前屈をしているような体勢を、低い体勢、と受け取る選手も少なくはないです。やはり内野手がゴロを捕球する体勢の基本は、腰からしっかりと落として低い姿勢を保つことが重要となります。

今回紹介する動画は、上記のような課題を持った選手にオススメの練習です。その名も「グーパーキャッチ」。手でジャンケンのグー・パー、とやるのではなく、足を閉じた状態をグー、足を開いた状態をパー、として行う練習方法です。

練習内容は、

 

・グーで足を閉じて屈伸してしゃがみ
・パーで腰を落とした状態を保ちつつ足を開く(捕球の基本体勢)

 

という動作を繰り返す練習になります。
やはり重要になるのがパーの状態。腰を落とし、股関節を後ろに引いて、股を割りつつ、左足のつま先は上げる、という形になります。とにかく、パーの状態でいかに素早く、しっかりとゴロの捕球体勢の基本ができるか、を意識すると良いでしょう。

まずは、このグー・パーをスクワットのように繰り返し行います。特に太ももあたりに効きますので、筋力アップも期待できます。そして、パーの体勢が慣れてきたら、今度は実際にボールを転がしてもらい、パーでキャッチする練習に切り替えてみましょう。ボールを投げる側は、捕球側のリズムが崩れないように、一定のスピードで転がしてあげると、捕球側もやりやすいと思います。

このように反復して基本姿勢を行うことで、正しい捕球体勢を身体が覚えてくるので、ゴロ捕球時に腰が高いと注意されがちな選手は、ぜひやってみてください。

 

 

 

 

 

動画引用元:【守備力UP】基本を覚える簡単な守備練習!ゴロ捕球が上手くなる練習レベル1