打撃練習 目線がブレないためには肩のラインが大事 ぎっこんばったん打法を修正

どんなに良いスイングをしても、どんなにスイングスピードが速くても、目線がブレてしまいボールをしっかりとらえることが出来ないと、全く意味がありません。バットとボールのインパクトは数cm、数mmズレただけで、大きく結果が変わります。それぐらいシビアな世界でもあります。なので、目線はブラさず、しっかりとボールを見続けることが重要です。

そして、目線がブレないということは、頭もブレていないです。頭がブレていないということは軸がしっかりとしていて、コマのように綺麗に身体を旋回出来ている証拠です。つまり、良いスイングの軌道も描きやすくなるので、軸がブレないことは色々と良い方向へ導いてくれます。

 

動画では「ぎっこんばったん打法」という名前で表現してますが、目線が大きくブレる選手の特徴として、
・テイクバックの時に前の肩が上がり、後ろの肩が下がっている状態
・打ちに行った時に前の肩が下がり、後ろの肩が上がっている状態
のことを指します。特に野球を始めたばかりの選手に多いですし、動画のようにここまで極端な選手は少ないと思いますが、小さなぎっこんばったん打法をやってしまっている選手はたくさんいます。まずはこの小さなぎっこんばったん打法になっていないか見つける作業が必要になると思います。小さな肩の上がり下がりが目線のズレにつながってしまい、打者として不利な状況を自ら作り出してしまってます。

このぎっこんばったん打法を修正するためには、やはりこの肩のラインを水平に保つことが重要となります。肩のラインを水平に保ったままテイクバックを行い、スイングしてフォロースルーまで、肩のラインを水平に保ちます。

オススメの練習は素振りです。かつ、動画を撮影しながらや鏡の前での素振りがさらに良いです。自分のスイングフォームをチェックしながら、肩の位置、顔の位置を確認しながら、最初はゆっくりで良いので、何度も素振りをすると良いでしょう。スイングスピードを上げるため、筋力を上げるために素振りをしている訳ではなく、正しいバットスイングを実現したいためにやっている練習なので、全力で振る必要がありません。重要なのは自分のスイングを可視化し、確認しながら行うことです。

動画では解説付きで説明しており分かりやすいので、ぜひ参考にしてください。

 


 

動画引用元:悪いバッティング ぎっこんばったん打法~目線をぶらさない大切さ解説