守備練習 日本一の遊撃手 源田壮亮選手 練習方法とポイント

今回ご紹介する動画は、『源田壮亮選手の守備』についてです。
プロ野球が開幕し、観客を入れての試合開催で段々盛り上がってきましたね。
待ちに待った試合再開で、日本中が野球で盛り上がる日々が続いて嬉しく思います。
さて、今回は日本一のショートと名高い、源田壮亮選手の守備についてご紹介します。

 

 

 

源田選手の守備のポイント

・捕球してグラブをに持っていくのが速い
・打球を追う時、グラブの位置が動かない
・捕球前、絶対にグラブを叩かない
・ゲッツーを狙う際、打球に合わせてに動きながら捕る
・フライ時、雨などでボールが見えにくい時は、絶対に目を切らない

 

 

 

社会人野球(トヨタ自動車)時代の練習方法

・近距離でテニスボールで捕球練習
リアクションボールでの壁当て
下から上にグラブを出す意識が身につきやすくなります。
捕球前にグラブを叩くと対応が追いつかないので注意してみてください。

 

 

以上が源田選手の守備の極意です。
個人的な感想ですが、源田選手は難しい打球も簡単そうに魅せる、滑らかな守備が魅力的でした。
そんな完成された守備を身につけるために、無駄な動きは全て省き、基本を徹底していると感じました。
また、源田選手のようにどんなイレギュラーにも対応できるよう、工夫を取り入れた練習も
大切だと感じました。
皆さんもリアクションボールでの練習をぜひ一度試してみてください。
それでは動画をご覧ください。

動画引用元:源田壮亮選手の守備に密着!スローで見たら技術がつまっていた。

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社スポルアップです。 スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。