打撃練習 正面ティーバッティングでコースで打ち分ける練習

通常のティーバッティングは、斜め前から投げてもらいますが、このやり方の大きな欠点は、通常のその角度からボールは来ない、ということです。ボールは正面から来るものなので、出来る限り正面に近い位置からボールを投げた方が、本番に近い練習になります。

ただ、正面ティーバッティングの場合は、確実に投げ手の前にネットを用意してください。ネットをしない方はほぼいないと思いますが、安全性を考えるとネットは必須で必要です。

 

今回紹介する動画は、正面からのティーバッティングを行い、投げ手が内角と外角にボールを投げ分け、内角は引っ張る、外角は逆らわずに流す、というかたちで、コースによって打ち分ける練習をしています。

内角を思いっ切り引きつけて逆方向へ飛ばす打ち方、外角も苦せずに引っ張る打ち方、色々教え方があるかと思いますが、やはり基本はコースに逆らわずに打てるようになること。そして、そのコースに投げられた際に、反射的にコースに逆らわない打ち方になっていること。これがとても大事になります。

動画では「距離2メートル」「近い距離から」と記載されていますが、まさにこの距離感が大事です。近い距離から投げられてもしっかりと反応して打ち分けが出来るようになること、これがとても大事なります。

では動画を参考にしてみてください。



動画引用元:この練習は、やった方がいい 野球バッティング向上ドリル