打撃練習 バランスボールを使ってフォロースルーを大きくする練習

打球をもっと大きく飛ばしたいのであれば、スイングスピードを速くしたり、インパクトを強くするなど、色々と手段がありますが、フォロースルーを大きくすることも一つの手段です。

フォロースルーは打った後の動作なので、打球の飛距離に影響が無いと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、フォロースルーが大きくことで以下の2つに良い点が生まれ、結果、飛距離を伸ばすことが出来ます。

一つ目が、ボールの押し込みです。フォロースルーが大きいことでヘッドを前に出そうとする意識が強まります。実際にヘッドも前に出ると思います。このような意識になることで、バットとボールのインパクトの時に、ボールを押し込める感覚になります。

よくあるプレーとして。バットの根っこに当たってしまい詰まってしまったけど、内野の頭を越したのは、しっかりバットを最後まで振ったから、ということが野球の試合では結構あります。フォロースルーが大きいことで、ヒット1本得したことにもつながるかもしれないです。

二つ目が、ボールの回転です。筆者は力には自信があったのですが、フォロースルーは小さかったです。すぐにバットを身体の近くに巻き込んでしまう、という感じでした。このようなスイングでは、ボールがドライブ回転になりやすくなり、外野の頭を超えた、と思った打球でも急激に失速してしまう場合があります。

フォロースルーが大きいスイングは、ヘッドの軌道を見ると楕円形となり、ピッチャー寄りの遠いところまでヘッドが通過している軌道になります。なので、前にヘッドを出すイメージのスイングになるので、バックスピンがある程度かかったキレイな回転の打球が打てるようになります。

フォロースルーが大きいと飛距離に大きな差が生まれます。

では動画を参考ください。



動画引用元:フォロースルーを大きくとるための練習方法!