打撃練習 ボールを押し込みフォロースルーを大きくする練習

ボールを遠くに飛ばすためにはフォロースルーを大きくする必要があります。しかし、フォロースルーを大きくすることは非常に難しく、多くの選手がバットがすぐに身体に巻き付き、円の小さいフォロースルーになりがちです。

かつ、トップ、インパクト、スイング、などは練習をしっかりと行いますが、フォロースルーだけの練習をすることはあまり無いはずです。つまりフォロースルーは大事だと分かっていても軽視されがちな動作です。

練習内容はティースタンドを用意して、バットをボールとインパクトするまでの位置に持ってきた状態で、インパクトからボールを押し込んでフォロースルーを行う、という練習になります。

筆者も実際にやってみましたが、ヘッドを前に出す感覚でフォロースルーを行うと良いように思えました。普段やっているようにしてしまうと、ヘッドがすぐに横に動く(右打者の場合だとヘッドが早い段階でサード方向を指す感覚)イメージになってしまいます。なので、ヘッドをピッチャー方向の前に押し出すイメージでやると、大きなフォロースルーを描いている感覚になります。

あと、押し手(右打者の場合は右手)も重要で、押し手をすぐに巻き込んでしまうと、フォロースルーが小さくなる感覚になります。押し手でボールを前に押し込む感覚で練習すると良いかと思います。

フォロースルーだけの練習というのはなかなかやらないですし、珍しい練習ですが、動画を参考にやってみてください。



動画引用元:野球 バッティング ホームランを打つためのフォロースルー習得 練習法