打撃練習 小学生向け 一番最初に覚えるティーバッティングのやり方

今回紹介する動画は、ミート力をアップさせるための基礎打撃練習です。
現在、私は小学生に野球を教える機会があり、置きティーを練習メニューに取り入れました。
飛距離やスイングを見たかったのですが、その前の段階でつまずきました。
つまずいた理由は、まず自分のミートポイントを知らないという事です。
その結果、力の入りづらい位置でバッティングをしてしまい、もっと飛距離を伸ばせるはずがもったいない結果となってしまいました。
ミート力をアップさせる練習方法を見て行きましょう。

 

 

①後ろの手の操作練習

・素手でボールをへその前でキャッチ
【ポイント】
・ボールをキャッチする時に、上からではなくを曲げてボールを捕まえに行くイメージを持つ
・上体が前に突っ込まないように、やや後ろ足重心

 

②バットを使って後ろの手の練習

・①の感覚を忘れずに、最後までしっかりと振り切る
【ポイント】
・良い打球を飛ばそうとするのではなく、バットの軌道の状態を確認しながら練習する

 

③前の手の練習

肘のたたみ方に注意しながら最後までしっかりと振り切る
【ポイント】
・バットが遠回りしないよう、グリップは体の近くを通すようにする
・手だけの操作にならないよう、上半身と下半身を連動させる

 

④バッティングの割れを作る

・前足を極端に上げ、前肘と近づける
・前足と、バットを対角線に引き割れを作る
・確認したミートポイントで打つ
【ポイント】
前の肩が入りすぎないようにする
・トップの位置を作った時にしっかりと後ろ足にパワーを貯める

 

⑤ボールの内側を打つ練習

・前の足を開いてピッチャーと正対する
・ミートポイントを意識し、センター方向を狙ってスイングをする
【ポイント】
体の開きを防ぐ練習なので、後ろ足を支点にスイングする
・引っ掛けてしまう場合は、再度ミートポイントを確認し、ボールをセンター方向に押し出すイメージでスイングする

 

⑥置きティー練習

・ボール下の自分側をミートする
【ポイント】
・ボールの軌道はライナー性かそれよりになるようバットを振り切る

 

今回紹介した基礎練習は、上半身の使い方が多いですが、すべてのメニューにおいて、後ろ足を支点に上半身と下半身を連動させるようにしましょう。
また、少人数でできるため日々の練習に取り入れることをおすすめします。
ミートポイントを確かめ、飛距離アップを目指しましょう。
それでは動画をご覧ください。



動画引用元:小中学生にオススメの「ミート力UP」の練習法…飛距離+操作性が打率アップのカギ!【10分で補正】