守備練習 フライキャッチから送球までを短い距離で

横浜DeNAベイスターズが行っている外野守備練習です。
この練習はプロが行っている練習ですが、全部の世代でできる練習なので、どのチームも取り入れてほしい練習です。

練習内容は、短い距離(塁間より少し近い位置)からボールをフライになるように投げ、選手はフライキャッチをして、塁間ぐらいの距離にいるボールの受け手へ送球する、という練習になります。

この練習は「フライキャッチから送球」がメインの練習です。なので、選手はフライに対して後ろから入り、助走しながらフライをキャッチして、相手に向かって低いボールで正確にスローイングする、ことを強く意識して行います。

この練習の良いところは、1つ目は効率的です。外野ノックを行い、フライキャッチして送球までやると、1本1本時間を結構使います。しかしこの練習は短い距離でグルグル回すので、1人あたり多く受けることができます。やはり守備練習は、数をこなすことは大事ですので、効率的に練習を行えるのは良いです。

2つ目は、指導者の視点ですが、選手と距離が近い、というところです。外野ノックは普通にやると、どうしても指導者と選手の距離が遠くなります。なので、直接的な指導がやりにくいですし、細かい動きを見てあげることも難しいです。実際、動画でコーチが何度も選手に声かけているシーンがあります。距離が近いと選手へ声をかけるハードルが低くなり、直接的な指導が増えます。

数をこなすことと、選手と近い距離で一緒に練習ができることは大事ですね。ぜひ動画を参考に、この外野練習を試してみてください。

 

 

 

 

 

動画引用元:【プロ野球】外野守備練習 フライキャッチ 横浜DeNAベイスターズ 沖縄キャンプ