打撃練習 フライボール革命 長打を量産するやり方

今回紹介する動画は、フライボール革命についてです。
約1年前に注目された打法ですが、今回の甲子園でもこの打法を使う選手が見られたので、再度ご紹介したいと思います。
参考までに過去にアップした、記事も併せてご覧ください。
打撃練習 高木豊が教えるフライボール革命バッティング

 

 

 

まずはじめに、長く教えられてきた「上から叩く」スイングと、「ボールの軌道にバットを入れる」スイング、いわゆるフライボール革命のバッティングを比較した動画をご覧ください。

動画引用元:『ゴロ狙い』vs『フライ狙い』最近話題の「フライボール革命」を取り入れてバッティングしたら4ヶ月で明らかに打球が変わった・・・(Fly Ball Revolution)【打撃検証】

 

2つのバッティングフォームのメリットを比較していきましょう。

 

上から叩くバッティング

  • 強いゴロを打つことができる
  • 最短距離でバットが出るため、高めのボールを安打にしやすい

 

フライボール革命のバッティング

  • 長打が多い
  • ゴロアウトが少なく安打が多い

 

 

個人的に、2つのバッティングフォームにおいて、ボールの捉え方が、かという点が違いの一つだと思いました。
上から叩く打ち方においては、ボールの軌道と同じ軌道でバットが出るため、でボールを捉えることが多くなります。
それに対して、フライ革命の打ち方においては、ボールの軌道にバットを入れていくため、でボールを捉えることが出来ます。
これが長打につながるポイントなのかもしれません。

 

 

注意点としましては、動画でも紹介しているように、フライボール革命のバッティングにおいてはフライOKですが、あくまでフライを打つ意識ではなく、ボールの軌道に合わせてレベルスイングすることが大切だと思います。

 

 

フライ革命が浸透してきたせいか、今年の甲子園でのキャッチャーの配球や選手が打ちに行くボールも徐々に変化していると感じました。
これからの、野球も楽しみですね。