守備練習 フリスビーでフライ捕球の感覚を養う練習

今回ご紹介する動画は、フリスビーを使った背走練習についいてです。
この練習は外野の選手におすすめです。
フライを追いかけることが苦手な選手や”腰を切る”ことに課題のある選手に効果的なツールドリルなので、ぜひ参考にしてみてください。
私もフライを追うことがとても苦手で、フリスビー使った練習を行いスムーズにフライを追いかけられるようになりました。
それでは練習方法とポイントを見て行きましょう。

 

 

 

練習方法

スタート位置と塁間の半分の距離に目印を置く

 

 

【フリスビーをキャッチする選手】

  1. お願いします」や「はい!」などの声を出してから走る
  2. 塁間半分の距離に置いた目印まで走り、振り向いてフリスビーを探しキャッチする

 

 

【フリスビーを投げる選手】

  1. キャッチする選手が塁間の半分の目印まで到達したら、「はい!」と声をかける
  2. 「はい!」と言いながら、フリスビーをキャッチする選手がさらに走ってキャッチできる位置に投げる

 

 

 

ポイント

【キャッチする選手】

最初に腰を切る方向(半身の状態)を決めておく
腰を切らずにボールを追いかけて(自動車バック※地域によって呼び方が異なるようです)しまう選手は特に最初に腰を切る方向を決めておくことがおすすめです。

 

 

【投げる選手】

なるべく高く投げるようにする

 

 

動画の後半では、実際にボールを使ってフライを捕球する練習についてもご紹介しています。
基礎練習なので、初心者の選手から取り組める練習メニューとなっております。
私は、冬の練習でアップ後に取り入れてトレーニングも兼ねて行っていました。
外野におすすめの練習ですが、全員がフライの守備範囲を広げることで、ポテンヒットを防ぐことに繋がります。

 

 

今回、プラスチックのフリスビーを使用しましたが、突き指などに注意してください。
スポーツショップでは、柔らかいフリスビーも売っていると思いますので、自分に合ったギアで練習を行ってみましょう。

 

それでは、動画をご覧ください。



動画引用元:遊び感覚で習得! フリスビーで守備範囲を広げるフライ捕球練習 GT転倒!?

ライター名

ごっちん
ごっちん
You Tube【GTちゃんねる】に出演しています!
小学1年生から少年野球チームに所属し、野球人生をスタートさせました!
中学、高校生の時はソフトボール部に所属し、全国大会出場と国体選手という経験もしました。
大学生のときに、女子軟式野球部に所属し全国大会で3位という結果で現役生活を終えました。
当時は、1番ショートで試合に出場しており、キャプテンも任せていただいてました!!
群馬県出身です!
ぜひ、【GTちゃんねる】もご覧ください!

ABOUTこの記事をかいた人

You Tube【GTちゃんねる】に出演しています! 小学1年生から少年野球チームに所属し、野球人生をスタートさせました! 中学、高校生の時はソフトボール部に所属し、全国大会出場と国体選手という経験もしました。 大学生のときに、女子軟式野球部に所属し全国大会で3位という結果で現役生活を終えました。 当時は、1番ショートで試合に出場しており、キャプテンも任せていただいてました!! 群馬県出身です! ぜひ、【GTちゃんねる】もご覧ください!