守備練習 フライ 落下地点に素早く入るコツ

今回ご紹介する動画は、フライ捕球練習についてです。
私も現役時代苦手でしたが、フライを捕球することが苦手と感じている選手は、多いと思います。
今回は、「落下地点に上手に入れない」「後ろのフライが苦手」「守備範囲を広くしたい」という選手におすすめの練習方法を紹介いたします。

 

 

フライを捕球するにあたり、必要な力は2つあります。

・空間認知能力
・瞬発力

です。
空間認知能力は、とても大切な能力だと思います。
フライが上がった時に、素早くボールの位置や、方向距離感正確把握することで、落下地点まで最短で動くことが出来ます。
それでは、空間認知能力を高める練習方法を見て行きましょう。

 

 

 

①おでこキャッチ

  • グローブをおでこの横に固定する
  • 固定を維持したままフライを捕球する

 

ポイント

  • グローブの位置を維持したまま練習する
  • 体の近くで捕球する癖をつける

 

この練習は、初心者の選手やボールが怖い選手におすすめです。
はじめは、柔らかいボールを使って練習することで、恐怖感を持たずに取り組むことができると思います。

 

 

 

②ターンフライキャッチ

  1. ボールを投げる人を見ながら背走し捕球する
  2. 1の練習が慣れてきたら、投げ手から目を切って背走し、投げ手の「はいっ」という声に反応して振り向き、捕球する

 

 

 

動画では、マーカーコーンを使った反応練習も紹介しています。
様々なバリエーションの練習を行い、苦手克服できると良いと思います。

それでは、動画をご覧ください。



動画引用元:指導者必見!フライが捕れない選手への3つの指導方法