打撃練習 軸足を回さない 身体を開かず逆方向へ強く打つ

2017年セ・リーグ首位打者、横浜DeNAベイスターズの宮崎敏郎選手が教える流し打ちの極意です。

 

アウトコースのボールを逆らわずに、逆方向へしっかりと打ち返すためには、身体が開かずに肩や腰部分が「残る」ことが重要です。そこで宮崎選手が実践しているのが、軸足を回さない、というバッティングフォームです。

実際やってみると、もちろんフォロースルーまで進むと軸足は回転してしまいますが、インパクトの瞬間まで軸足を回転させずにスイングすると、右打者で言うと、左肩や左側の腰やお尻の部分がキャッチャーの方向へ行かずに、身体が開かず「残る」イメージになります。

 

筆者は、アウトコースへ流れるスライダー系がどうも苦手です。すぐに身体が開いてしまう癖があるからです。このような癖がある選手においては、この軸足を回さずに打つ、というのはとても参考になると思います。

今までは「ボールをよく見て上半身が早く動き出さないようにする」ということを、アウトコースに関しては意識してましたが、上半身を意識すればするほど、上半身が早く動いてしまったり、力んでしまったりしてましたが、今回意識するのは軸足です。意識する部位で良くなったり悪くなったりするのは個人差がありますが、筆者は、下半身に意識があった方が、上半身がリラックスできるようです。

またアウトコースでも飛距離を伸ばす方法として、インパクトしてからフォロースルーまでの体重を、右打者であれば右側に倒れる勢いで体重を乗せると良いでしょう。この打ち方は非常に難しいですが、意識するだけでも打球の強さが変わる感覚があるので、試しにやってみるのは全然ありだと思います。

まずは軸足を回さない意識でティーバッティングを行う練習から実施してみると良いでしょう。極端に軸足を全く動かさない、としなくても結構です。無理すると膝をひねってしまうかもしれませんので、自分ができる膝の可動範囲内で行ってください。

では動画をご覧ください。

 

Yahoo!ショッピング
購入金額の1%分スポルアップポイント貯まる

スポーツ用品を買うならYahoo!ショッピングがお得

 

 

 

 

動画引用:宮崎敏郎(DeNA)「首位打者に輝いた流し打ちの極意&飛距離を生む極意」