内野守備練習 体の近くで捕球 速いゴロさばきのコツ

今回ご紹介する動画は、上級者向けのゴロ捕球練習です。
ゴロ捕球のスタイル考え方は様々ですが、この捕球練習は初心者より、野球の競技経験長い選手におすすめしたいです。
効率の良い捕球動作を覚えることで、捕球から送球までの一連の動きがスムーズになり、アウトにできる範囲も広くなると思います。
それでは、練習方法を見て行きましょう。

 

 

 

ゴロ捕球は体の近くで捕球する

  • 三角形頂点ではなく、顔の真下で捕球する
  • グローブをボールに向けるのではなく、自然に腕を下ろす

 

 

グローブをボールに向けることで、腕がまっすぐに伸び、ロックされてしまいます。
ロックされてしまうことで、柔軟な対応ができなくなってしまいます。
あくまで、「自然体」でいることがポイントです。
腕を伸ばして捕球するパターンと体の近くで捕球するパターンの違いを見て行きましょう。

 

 

 

腕を伸ばして捕球する

比較して分かる通り、捕球してから送球する動作までが遅くトップをつくる時に上体が立ってしまっていることがわかります。
また、捕球から送球までが一連の動きではなく、かたい動きになっています。

 

 

 

体の近くで捕球する

体の近くで捕球することで、スムーズに送球動作に繋げています。
腕がロックされないため、イレギュラーなどにも柔軟な対応ができます。
また、動きがスムーズになり捕球から送球までの一連の動作が速くなります。

 

 

 

体の近くで捕球する練習

  • 右足(左利きの場合は左足)を上げ、捕球する

 

 

この練習は、体の近くで捕球する感覚を身につけることができます。
二人でできる練習なので、自宅基礎練習にも取り入れることができ、おすすめです。

 

 

筆者自身、野球を始めた頃は三角形の頂点で捕球するよう、指導を受けていました。
しかし、慣れてくると自然と体の近くで捕球していました。
慣れてくると身に付くことかもしれませんが、レベルアップを目指す選手の方々には是非、「体の近くで捕球する」という技術をマスターしていただきたいです。

 

それでは、動画をご覧ください。



動画引用元:信じられない速さのゴロさばき!社会人ドラフト候補の【超】内野守備講座&練習法