打撃練習 阪神の近本選手も実践! 下半身で粘って強い打球を打つ練習方法

今回ご紹介する動画は、「プロ野球選手の連続ティーと、練習に対する正しい目的意識」についてです。
プロ野球開幕に向けて、前回に引き続きプロ野球選手練習を取り上げます。
今回は、阪神タイガース近本光司選手がキャンプ中に実践していた、連続ティーに着目しました。
まずは近本選手の練習風景をご覧ください。(動画内0:00〜1:32)



動画引用元:新人王候補!近本選手の打撃練習!北川新コーチの半笑いの顔も気になる・・・w

 

 

近本選手は

 

  • 通常のスピードで連続ティー
  • 速いスピードで連続ティー
  • 足のスタンスを開き、低いトスを下半身で粘って打つ連続ティー

 

の3つを実践していました。
どれも下半身を使って、連続打ちでもブレずに力強くスイングできています。

 

 

次に、近本選手が行っていた連続ティーを実践する際、注意すべきポイントをご紹介します。

 

 

 

連続ティーの注意点

  • 足のスタンスを開いて体重移動で打つバッティング練習
    下半身を使った速い回転は望めないため、「下半身を使って強く打つ目的だと効果は薄くなってしまいます。
    泳がされてしまった時の対応」の練習としては効果が期待できます。
  • 連続ティー
    →「ネットに打ち返すこと」のみを意識すると、手だけで打ってしまうので注意してください。
    下半身を使ったキレのあるスイングを目指す」など、目的意識を持って取り組むことが大切です。

 

 

以上が連続打ちの注意点のまとめです。
近本選手は体全体を使って打っているのに対して、手だけで打ってしまう選手は逆にフォームを崩すことに繋がることもあるのでご注意ください。
この練習でとても大切なのは、「下半身を使って、手だけで打たないこと」だと思います。
小学生など筋肉があまり発達していない選手は、連続ティーのを少なくしたり工夫をしながら、自分に合った練習方法を見つけていきましょう。
そして、正しい目的意識を持って、練習がマイナスに働かないよう、注意して取り組みましょう。

それでは動画をご覧ください。(動画内0:00〜3:40)

動画引用元:実はヤバい!このバッティング練習をするとヘタになる理由

ライター名

ごっちん
ごっちん
You Tube【GTちゃんねる】に出演しています!
小学1年生から少年野球チームに所属し、野球人生をスタートさせました!
中学、高校生の時はソフトボール部に所属し、全国大会出場と国体選手という経験もしました。
大学生のときに、女子軟式野球部に所属し全国大会で3位という結果で現役生活を終えました。
当時は、1番ショートで試合に出場しており、キャプテンも任せていただいてました!!
群馬県出身です!
ぜひ、【GTちゃんねる】もご覧ください!

ABOUTこの記事をかいた人

You Tube【GTちゃんねる】に出演しています! 小学1年生から少年野球チームに所属し、野球人生をスタートさせました! 中学、高校生の時はソフトボール部に所属し、全国大会出場と国体選手という経験もしました。 大学生のときに、女子軟式野球部に所属し全国大会で3位という結果で現役生活を終えました。 当時は、1番ショートで試合に出場しており、キャプテンも任せていただいてました!! 群馬県出身です! ぜひ、【GTちゃんねる】もご覧ください!