椅子に座って上半身のスローイング練習

巨人の練習風景を撮影している動画ですが、これは非常に面白く、かつ、スローイング力が増す練習だと思います。

椅子に座ってスローイングをするため、下半身と捻りが使えないです。
その分、肩、肘、手首の上手い使い方と力が必要となるので、スローイングにおいて上半身の重要な部位を鍛えることができます。

この練習のポイントは椅子に座ってスローイングを行うだけではなく、プロでも遠いと思われる塁間でスローングしていることです。
遠投と同じような効果を得ることができ、身体を大きく使わないと相手まで届かないです。

そして「ボール」「ストライク」と声が飛び交っていることから、遠い位置からのスローイングでも、かつ、椅子に座って上半身しか使えない状態でも、相手の胸にしっかり投げることを意識しているようです。

椅子が無い場合は両膝を地面に着けて行うのも良い練習にはなりますが、できれば椅子を用意された方が、より良い練習になります。お尻を固定されていることで、上半身しか使えない状態を作ることはとても重要です。

 

・椅子に座る

・距離は遠目

・相手の胸に投げる

 

この3つのポイントを押さえて練習してみてください。

尚、この動画では、井端コーチが椅子に座ってスローイングをやるシーンがありますが、さすがですね。
若い選手よりも軽く投げている感じですが、しっかりとストライクを投げている姿を見ると、やっぱり守備の達人なんだなぁ、と思ってしまいます。

では、動画をチェックして、練習に組み込んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

動画引用元:山本にスローイングの見本を見せる井端