捕手練習 盗塁阻止 足の運び方のコツを学ぶ

この練習は捕手だったら全員読んで頂きたいですが、特に肩が弱い捕手にはオススメの練習方法になりますので、肩に自信の無いキャッチャーはぜひ読んでください。

 

筆者は肩に自信が無かったです。肩が弱かったので、いつも投手や野手(特に遊撃手)には助けてもらったものです。でも弱いからと言って何もやらなかった訳ではなく、筆者が意識したのは「キャッチャーボックスの中で足をどう動かせば、速く正確に送球できるか」というのを常に考えてました。

動画でも実際にやってますが、ランナーが走ったと分かった瞬間、足は既に動き出すと良いです。もちろん前に出過ぎるとインターフェアになったり、怪我の原因になるので、前に出過ぎないけど、足を少し動かして前に少し出る、という動きが重要です。

特に右足の動き出しが重要で、筆者の場合、ランナーが走ったら右足を少しだけ前に出して、ちょっとした助走と、捕ってから素早く投げれる準備をします。このことは動画でも同じことを言ってます。キャッチしてから足を動かすのではなく、キャッチをしに行きながら右足を動かす、という腕と足を同時に動かすイメージが重要かと思います。

 

踏み出す足(左足)は、真っ直ぐ、かつ素早くセカンド方向へ向ける足の運び方が必要となります。そして、素早くアクションすると特に上半身がブレてしまうので、土台となる下半身をしっかり作ることが重要です。土台を作らないで送球するとコントロールが乱れてしまいます。盗塁を阻止する場合、コントロールが乱れてしまうと、ほぼセーフになってしまうので、土台作りを意識してコントロールの乱れが無いようにしましょう。

あと筆者が意識していたことは「セカンド方向へパワーを向ける」ということです。肩が弱かったので、足はとにかくセカンド方向へ直線に向う感覚で投げる意識は常にあり、右足を左側に寄せるたり引いたりする動きはしないことを意識しました。なので投げ終えた直後は、ホームベースより前に出ることが多かったので、セカンド方向へ真っ直ぐにパワーを向ける意識は強かったと思います。ただ、インターフェアには本当に気を付けてください。

 

・ランナーが走ったら右足を少しだけ前に出す
・踏み出す足(左足)はセカンド方向へ素早く真っ直ぐ出す
・上半身がブレないように下半身で土台をしっかり作る
・セカンド方向へ真っ直ぐ投げるパワーを向ける意識

の4点が大事になると思います。動画に出ている甲斐選手の形はとても綺麗ですし素早い動きをしてますので、ぜひ参考にしてみてください。(動画6:55あたりから)

 



動画引用元:180415(日)甲斐キャノン送球の極意「ピント・左足・ミットの位置」&プロ野球ハイライト

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社スポルアップです。 スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。